虹色すてーしょん@あーさー

とある若者が描く、衝動と孤独と解放と人とのつながり。皆さんも感じたこと、自由にコメントお願いします!

八王子駅前のシンガーソングライターに心の居場所を感じた話。【このパターンは2回目】

人生で迷った時ほど、流れてくるメロディーや言葉に感激を受けるものですよね。

 

今日は「偶然弾き語りの人に感銘を受けた」 シリーズの2回目になります。

※以前、たまたま同じようなことがありました。

nanetwork.hatenablog.com

 

俺はちょっと今、切迫した状況もあって、

色々と悩んでいたのですが。

 

そんなこんなで今日は八王子駅の駅前を歩いていたら、シンガーソングライターさんがある詩を歌っていました。

 

 「生きてることがつらいなら」

www.youtube.com

 

この歌は、以前、19歳頃に悩んでいた時にも救われたことのある歌です。

 

悩んでいたところから光が見えたような時期を思い出すと自信や希望が湧きますよね。

 

それを八王子の駅前で歌っている人がいて、うれしかったです。

 

オリジナルの歌も唄っていました。

1人暮らしを始めて、親の大切さを知ったことで作った歌だそうです。

”HERO”という歌。

 

なんとなく立ち止まって聴いていただけなのですが、

こういう風に、自分の人生に自信を持てたり、何か思い出したり、

できるようなきっかけが駅前にもあったりするというのは、いいことだなと思います。

 

ありがとうございました!

また気が向いたら聴きに行きたいと思います。

 

↓この人です。

twitter.com