あさみでなおあきな日記

理由を求めたり、理由なき遊びに興じたり。

狭山湖近くでお団子を店主がくれた話。

狭山湖散歩の詳細はまた後日書きます

 

狭山湖の近くを散歩で歩いていました。

 

すると…茶店があり、

中のうどんそばやお団子が美味しそうだったので、

寄ってみることに。

 

…すると、もう夜7時で、閉店間際だった。

 

「ごめんね。」

と店主のおじいちゃん。

 

「いえいえ大丈夫です。」

 

そう言ったら今日の残りのお団子をお金なしでくれた。

f:id:nanetwork:20170727122731j:plain

 

優しい店主だなあ。

 

味は固かったりもあったが、

人を思い出す味なのだからほっとする。

 

餅の食感がほっとする味だった。

 

※今回たまたまもらっただけかもしれない。

普通は代金を払わないと相手も成りたたないだろう。

でもたまたまでもこういうことがあると相手の人柄が優しいんだなって思った。

 

世界は信じられなくなったりするけど、こういうとき優しいって思う。