虹色すてーしょん@あさみなおあき

答え出せぬ世界に生まれてしまった私たちだが、青春していこう。コメントも自由にお願いします!

忘れかけてた遠い記憶・・・小2の頃。

これはさっき眠くなって寝そうになった時に呼び覚まされた遠い遠い記憶。

 

昔、小学校で「秋の工作体験会」みたいなのをやっていた。

友達と一緒に途中まで参加して、確かそこで時間的に帰るはずの予定だったんだけど、

 

友達が気分でもう1ブース参加することにしたらしく、

それに乗っかって興味本位で自分もついていった。

 

まず、こういう風に友達との世界で大人が新しいことを教えてくれる場所に行く、

ワクワクしてた。

 

案の定、そのいった先のブースで木の棒でタケコプターを作ったかな?それが楽しくて、いい日になった・・・はずだったが、

 

家に帰り、時間が急に遅くなったことで母親に怒られるという・・・。

 

その遠い遠い感覚を急に思い出して、なんかがよみがえったような感じだったw

 

昔から何か新しい事、やったことのない少し上のステージの事、

思いついたこと、

これに挑もうとすると静止がかかるっていうコンプがあった。

 

結構きつかったかな、小4くらいまでは友達の家に行くのもだめだった気がする。

 

親とは反抗期も長かったからこそw 反抗に偏り過ぎたくはないのだけど、

記憶だけでも気持ちだけでもこういうのがきっかけになる気がするので。

 

こういう育ち方だからこそ!

自分の中では冒険心というのを大事にできるようにしたい!っていうか。

 

大人になった今でも、冒険心を持つことで、何か感動できるものを取り戻すことができる!

 

っていう自信?それがあるだけでも生きてることに楽しい気持ち、希望を見いだせるなって思いました。