虹色すてーしょん@あさみなおあき

答え出せぬ世界に生まれてしまった私たちだが、青春していこう。コメントも自由にお願いします!

【思い出】都内某所の手もみマッサージ店で精神病カミングアウトしたら、相手にも同じ悩みの時期があった話

あれは2014年のことだった。

 

大学から帰り途中、自分の将来のことなど色々悩みながら歩いていた。

 

一駅分越えて、どこに向かうかもわからず歩き続けていた。

 

※写真はイメージです

f:id:nanetwork:20170422145947p:plain

 

f:id:nanetwork:20170422150743p:plain

※写真はイメージです。

 

 この時、

俺は大学3年生なりたて。

将来は就職しなければいけないのか、学生を卒業してももっと自由に青春を味わうことはできないのか、

 

っていう所で深刻に悩んでいました。

 

それと同時に、

その2年前から悩んでいた視線恐怖症(脇見恐怖症)!

 

人と目を合わせるだけで相手に迷惑にならないかとか、

人と目を合わせなくても見てると思われるんじゃないかとか、

 

そういう風に考え込んでいました。

 

それで人との関係がうまくいかなくなることもあり、

一生自分は孤独かもしれない・・・と思っていました。

 

そして、歩いているうちに、

死にたくなってしまった。

 

ところが、死にたくなった分だけ人に対してSOSの気持ちが強くなってた。

 

だから、誰かに話さないとやばい!!

 

そう思って、咄嗟に近くにあった地下鉄の駅の階段を降りた。

なんとなく人がいる気がしたから。

 

するとそこには手もみマッサージ店が。

怪しいお店ではなく、カジュアルで、男女問わずに入れるお店。

 

内装が木目調で綺麗だった。

 

入ってみて、もうキチガイだと思われる覚悟でこう話した。

 

 「いきなり入ってすみません。実は今、すごい死にたいって思っちゃってて・・・

色々悩んでて、人の居る所に行こうと思って、入ってしまいました!すみません!

マッサージは受ける料金もないのですが・・・」

 

すると、

30代くらいの男性の店主が、

「じゃあとりあえず休憩しましょうか?お金はなくても肩のマッサージならできますよ。」

 なんと!

 

まさかの受け入れてもらえたのだった。

この経験が結構、物の見方変わる一つのできごとだったな・・・としみじみ。

 

肩をもんでもらいながら、

 

店主が、

「肩凝ってますね」 

 

それに対して俺が、

「実は人目が気になる病気で・・・脇見恐怖症とか視線恐怖症とか言うやつなんですが、

 

店主「実は私も20歳くらいの時にそれだったんですよ笑」

 

俺「ええっ!?」

 

それから、話が一気に盛り上がって行った。

 

なんでもその人は、克服しようと思って東京から名古屋まで歩いたらしい。

すると色んな人に助けられるので、物の見方、人に対する見方が変わったとか。 

 

他にも将来の悩みも話してみた。

 

俺「実は今大学3年生なんですけど、将来普通に就職するか、他の道にするかで迷ってるんです。ラジオパーソナリティーのような表現で番組にすることをやってみたいなあと思っているんですけど。」

 

すると、店主の人はこう答えてくれた。

店主「俺も高校生の時、芸人になりたくてオーディション受けたことある。落ちたけど。なんかやってみたらいいと思うよ。」

 

やってみることでスパッと諦めがつくまで、ぶつかれたんだなあと思った。

 

店主「あと、この仕事もおすすめ笑 人から感謝されるから、視線恐怖症を持ってる人にもいいかもしれない。人のことに関心がある人が多いでしょ?」

 

こういう誰にも理解されないと思ってた悩みもストーリーの一部になるんだなあって思うと、なんだか新鮮な気持ちになれました。

 

こうして20分が過ぎた。

 

俺「なんか希望湧きました!お金払えなくてすみません!本当にありがとうございました!!」

 

あれから3年くらいになるけど

今は、そのお店は無くなっていた。

 

でも、あの日のことはたまに思い出す。

f:id:nanetwork:20170422150821j:plain

【西東京市】田無あるあるを探してみた。

今日は田無駅へ散歩しに来ました。

 

そのついでに「田無あるある」を探してみることにしました(???)

 

田無はまったく縁もゆかりもない土地。

そこで、まったくもって田無素人の俺が、どれだけ田無の街のあるあるを探せるだろうか・・・。

 

田無駅を降りました。

f:id:nanetwork:20170416191844p:plain

 

 駅前の様子。

 結構賑やか。

f:id:nanetwork:20170416191904p:plain

 

 ペデストリアンデッキ上から。

 

賑やかな商店街してます。

f:id:nanetwork:20170416191935p:plain

 ということでまずは駅前のショッピングモールらしき「LIVIN」というお店に入ることにしました。

 

 ペデ上を歩き・・・

 

入り口へ。

f:id:nanetwork:20170416190823p:plain

 

ところがここで思わぬ事態が・・・。

f:id:nanetwork:20170416094654j:plain

 

~俺の田無あるある①~LIVINの入り口を自動式だと思ってたら・・・

 

f:id:nanetwork:20170416102226p:plain

 

・・・本当は手動式で、いつまでも開かない。

f:id:nanetwork:20170416094717j:plain

 

 これで「あるある」来ちゃいましたね。

そうです、ドアとドアの間の前で10秒くらい真顔で立ってました。

f:id:nanetwork:20170416094724p:plain

 

ここで間違える田無住民はいるのだろうか・・・

 それとも俺だけだろうか・・・。

 

さて、店内へ。

婦人服からおもちゃ、食用品、アパレルまで色々賑やかでした。

 

その中でも薬屋を発見したのでその中へ。

 

薬屋って雰囲気が癒されるんですよね。

 

洗い場が綺麗になりそうな洗剤とか見て。

f:id:nanetwork:20170416102255j:plain

 

色々商品を見ながら歩いていました。

 

面白い。

 

洗剤や男でも使える美容関係は見てしまう。

あと健康食品とか。

 

数分浸って、

帰ることに。

 

 ・・・すると!!

 

出口がない!!!

f:id:nanetwork:20170416102301j:plain

 

ってここは出口じゃなくてコーナーの角でした。

 

~俺の田無あるある②~

LIVINの中の薬局は出口が錯覚で分からなくなってしまう!!

 

↓先ほどの写真

f:id:nanetwork:20170416102255j:plain

 

マジボケが続きました。 

 

 さてLIVINを後にすることに。

f:id:nanetwork:20170416102308j:plain

 

 北口のペデストリアンのところには、

特徴的なオブジェがありました!

 

f:id:nanetwork:20170416191329p:plain

 

これ面白いですね。

 

ぐるぐる回っていて、見てしまう。

 

誰が作ったのか気になる。誰か分かる方はコメントくださるとありがたいです・・・。

 

f:id:nanetwork:20170416191349p:plain

 

さてペデストリアンから降りて、

 地上に出ました。

 

するとファミリーマートが!

なんか新しい感じ。

f:id:nanetwork:20170416191421p:plain

 

 ~俺の田無あるある③~

 ファミリーマートにカバンが売ってある。

 

これにびっくりしてしまった。これは田無で始めて見た光景。

f:id:nanetwork:20170416191448j:plain

 

~ 俺の田無あるある④~

路上のキャラクターのシールが 逆さになってる。

 

f:id:nanetwork:20170416191538j:plain

 投げやりになってきたぞ。これは普通に歩く方向の問題だった。

 

そして次は駅に戻り、南口へ。

f:id:nanetwork:20170416191629p:plain

 

しばらく歩くと、たい焼き屋さん が!!

 

 いいですね。街の商店街感が出てほっこり。

 

小豆まんのタイ焼きを買う事にしました。

f:id:nanetwork:20170416191711p:plain

 ※撮影許可くださりありがとうございました。

 このおばさんがフランクで話しやすかったです。

 

そして、買って食べることに。

 

とりあえず、立って食べれる場所を探す。

 

人の邪魔にならない通りのスペースを模索。

立って確かめ・・・って考えすぎか!?

f:id:nanetwork:20170418170326j:plain

 

~俺の田無あるある⑤~

気にしすぎるとなかなか食事が始まらない。

 

あらら~・・・っていうか、これ田無じゃなくて自分のあるあるじゃない!?

 

やっとちょうどいい場所が見つかった。

f:id:nanetwork:20170416191807j:plain

 

 生地がうまい!中もうまい!

 

生地にも味がのっていて、おいしく、

中は本物の小豆の味がしました。

 

商店街の優しい味。

f:id:nanetwork:20170416191745j:plain

 

~俺の田無あるある⑥~

商店街のたい焼きがうまい!!

 

やっぱりこれだね。

 

次は、風風ラーメンに行きました。

 

f:id:nanetwork:20170418170126j:plain

 

店内にマンガが満喫のように大量においてあるので、

待ち時間が疲れず、楽しかったです。

 

そして登場、博多系とんこつラーメン! 

f:id:nanetwork:20170418170152j:plain

 

これも麺が細くスッキリした味わい、とんこつスープもこってりの中に焦がしにんにく

が効いていて充実した味。

f:id:nanetwork:20170418170210j:plain

 

~俺の田無あるある⑦~

風風ラーメンは漫画もある空間とこってり効いたラーメンと、最高。

 

という訳で、田無素人の僕が、

田無であるあるを発見してみました。

 

田無に住んでいる田無人の方はどれくらい共感できるでしょうか・・・。

 

そこは難しい面があるかもしれません。

 

でも、新しい視点で発見するのが何より楽しかったです!!

 

以上、田無あるあるを探してみた感想でした!!

高橋優「同じ空の下」のジャケ写と同じポーズを、ロケ地でしてきた。

 今日は、新宿の喧騒から外れた夜道で、

ある人の真似をすることに。

 

・・・それはシンガーソングライターの「高橋優」さん!

 

「少年であれ」「誰がために鐘はなる」「同じ空の下」「パイオニア

など、非条理な現実の中で自分の心を大切にすることを問うた曲が多いイメージ。

 

その中でも、「同じ空の下」は淡々とかつストレートに、

迷いの中で自分の夢を追い続けることへの応援メッセージを書いている歌です!

 

”選ばれた訳じゃない 才能があるって保障もない ただ僕は僕らしく生きていたいだけさ”

 

前を向いて歩き続けよう、そんな気持ちにさせてくれる。

 

このcdジャケットが印象的!

 f:id:nanetwork:20170408191705j:plain

 

ということで今回は、このジャケ写をロケ地で真似してみることにしました!

 

しかし、このジャケ写、私はよく電車で新宿を通るのですぐに場所が分かりましたw

 

場所は・・大久保駅から新宿駅に入る前の立体交差の近くです!

 

ということで、新宿駅から大久保方面へ移動を開始。

f:id:nanetwork:20170409161459j:plain

 

 

真似するのを楽しみにしながら、新宿歌舞伎町から大久保方面に歩きます。 

f:id:nanetwork:20170408115110p:plain

 

 細い路地に出ると、海外留学生のシェアハウスが。

さすが、この地区。コミュニケーション充実してるなあ。

 

f:id:nanetwork:20170408120903j:plain

 

コリアンタウンの近くまで来てるので、海外料理店なども多い通りです。

 

そしてもう現場の近く。

ここから真っ直ぐ南に行きます。 

f:id:nanetwork:20170408120839p:plain

 

 

見えました!

 西武新宿線&山手線・湘南新宿etc..。ここをくぐり・・

f:id:nanetwork:20170408112311j:plain

 

そしてJR中央線。 ここを抜けたら、高橋優のジャケ写の場所があります!

 

f:id:nanetwork:20170408112321j:plain

都会のオフィス街&住宅地の中で、

いったいどんな「自由」を心の中で描けるだろうか・・・。

 

・・そして、ついにロケ地の現場に到着しました!!

f:id:nanetwork:20170409161703p:plain

f:id:nanetwork:20170402095201j:plain

 

 

ということで、ここで座ることにw

 

ガードパイプに座りました。

 

”選ばれた訳じゃない 才能があるって保証もない 

ただ僕は僕らしく生きていたいだけさ”

f:id:nanetwork:20170408111925j:plain

 

 ”明日がそっぽ向いてても oh yeah  何度つまづいても 夢は叶うよ さあ歩み続けよう やがて時は満ちてく”

 

”人と少し違ったり 少数な方に属したら蔑まれることも珍しくはないよ 

 でも心配ないよ 腰抜けの戯言 歩みを止めなけりゃ、夢は逃げやしないから”

 

f:id:nanetwork:20170408111935j:plain

 

・・3人ほど近くを通り過ぎる人がいながら、座り続け、

高橋優の曲が頭に流れる感じで、

感慨深い気持ちに・・・。

 

完全に頭おかしい人と思われている。

 

しかし、そんな現実の中でも、自分の心や、夢に向かっていく気持ち、

そういうものを思い出せたら大事にしたいなあと思った。

 

ということで、高橋優のジャケ写と同じポーズ、遊びました!

 

新宿の街に背中を向けて、

f:id:nanetwork:20170409161545j:plain

 

 大久保駅まで歩いて帰りました。

f:id:nanetwork:20170409161554j:plain

 

ジャケ写と同じことをする遊び、楽しかったです。

 

好きなアーティストだと余計、深く感じるものがあるし、なかなか貴重な時間でした。

 

1人だと勇気は要りますがw  やってみてはいかがでしょうか!?()

意味が伝わらなさ過ぎる買い物をしてきた。【無意味な行動記録】

自転車を走らせ、

今日も今日とて、コンビニへ。

 

今日は、店員さんに、

「商品を使って何かを伝える」

ということをしてみたいと思います!!

f:id:nanetwork:20170408224839j:plain

 ・・ということで、5分ほどかけて選び、

「商品の組み合わせの方程式」

を、レジで見せることにしました!

 

その再現はこちら。

 

f:id:nanetwork:20170408224848j:plain

 

「トマト+天然水=カゴメトマトジュース」

 

・・・・・・

 

トマトと水をくっつけると(写真左)

トマトが水にとかされてジュースになり、

トマトジュース(写真右)

f:id:nanetwork:20170408224857j:plain

 

ということで生まれた、トマトと水の方程式。

 

これをレジで出したら、店員さんは気づいたのだろうか?

 

店員「ピッ・・・ピッ・・・556円になります。袋は一緒で大丈夫でしょうか?」

 

俺「は・・・はい・・。」

 

店員「600円ですね、44円のお釣りでございます。ありがとうございます。」

 

。。。。

 

以上ッ!!!

 

正直ね、何が足りなかったかっていうと、

直接的なクエスチョンな訳ですよ。

 

「これで何の方程式を表していますか?」

 

ってね。

 

今度、やってみよ。

 

ということで、家では、 

この方程式を使って、味の実験をしてみることにしました。

 

まず、

トマトを口に含むことに。

f:id:nanetwork:20170408224910j:plain

 

 そしてその上で水を一緒に飲みます。

 

f:id:nanetwork:20170408224927j:plain

 

 すると、トマトジュースの味がするだろうか・・・?

 

トマトが薄くなった味だった。

 

そしてお次は、

水のペットボトルの上にトマトを乗せて飲んでみたら、

トマトジュースの味がするだろうか?という…。

f:id:nanetwork:20170408225124j:plain

 

 結果は・・・

トマトがポロって落っこちて飲めなかった。

 

最後に実際のトマトジュースを飲んで、上の2つと味を比べてみることに。

f:id:nanetwork:20170408225133j:plain

 

 

やっぱりこれがシンプルでうまい!

 

最初からこれを飲むだけでもいい、そんな気がして、

 

トマトジュースの味は、本当のトマトジュースが一番味わえることを発見した。

(禅問答)

 

 

 

 

ps.

トマトの濃厚な味わいとしょっぱさが良かった!

もし、人の目がすごく気になったら。【電車の中篇】

こんばんにちは。浅見です。

 

実は私、他人の視線(どう見られてるか)が気になり過ぎてパニックを起こしてしまう精神病でした(です?)。

 

今となっては治ったのか治ってないのかすらどうでもいいくらいに、この症状と向き合った過去があります。

 

そして、人の目を気にして自分の感情をオフにしなければならない環境があります、

 

それは電車の中です。

 

息苦しいですよね・・・。

 

俺もいつも息苦しくて感情が安定しません。

 

そこで、電車の中で自分が送る視線の先として、何がいいか考えていました・・・。

 

※他人の顔をまじまじ見ると厄介なトラブルが多いから・・。

 

するとやっぱり浮かんだのが、

ドアの黒い部分と景色が見えるガラスの境界線でした!

 

境界線!!境界線!!(哲学)

 

境界線は意味ありげだな・・・という深いようで深くないノリで、

 

電車の中でいつまで境界線を見続けられるか試して見ることに!!

 

国分寺から西国分寺

f:id:nanetwork:20170407210335j:plain

 

こうしてると1駅1駅が長くて、苦の道を感じるが、境界線続けるぞ!

 

↓国立から立川

f:id:nanetwork:20170407210349j:plain

 

 

↓立川から日野

f:id:nanetwork:20170407210402j:plain

 

レールを見つめるのがなんか面白い。

 

ということで日野に着くまで境界線見続けました。

 

日野では飽きてやめた・・・笑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

 

なんつー、ちゃちな遊び!!

 

しかし、その中にも面白さ発見。

170405 ”リアル”

年金の手続き、銀行にて稼いだ金の引き出し、

そして相変わらずみんなどこ見て歩いてるのか分からない新宿駅で降り、用事を済ませる。

 

 

そして大学に着き、休学届けをもらう。

 

↓駅から大学までの途中の桜

f:id:nanetwork:20170406150529p:plain

 

大学では、バンドサークルが演奏。
ギターもベースもドラムも、生きる力もらうって最近思うときがあって、

ライブを見て、いいなーとか、一応ステージに立ったことあるのを懐かしいなーって思いながら見てた。

一年生だと思われてたw
年下にタメ口聞かれるのってすがすがしい。

 

そして、その後、「富士見校舎」へ。

f:id:nanetwork:20170406095111j:plain

富士見坂校舎なつかしい。
色んなことがあったなー…。

精神福祉ボランティアを現役学生団体メンバーとしてやりながら、
自分の夢探し。

 

ちょうどその時といえば、
尾崎豊にハマってた頃だ。

悩んでた時に救ってくれた尾崎豊の歌が、急に頭の中を流れた笑

 

人は、
自分の涙から離れられなくなる時ってある。

あとね、
顔で笑って心で泣いてる時ってあるね。

顔でおりこうにして心でやさぐれてる時もある。

そういうのも、自分の一部にしていい気がちょっとした。

 

↓駅でたまたま見つけたポスターに反応。

f:id:nanetwork:20170406095133j:plain

 

帰りの電車。

f:id:nanetwork:20170406150722p:plain

 

腹が立って仕方ない。
この世界で純粋な気持ちを封印しなきゃならない気がして。

 

無慈悲であることが当たり前だというのも答えかもしれないが、

その上で想像力を持つということすらしない人たちがいる。

 

・・・などと偉そうに考えても、俺も立派なその一人かもしれない。

そんなことを考えながらの息苦しい帰宅電車でした。

尾崎豊記念碑へ行った。 170402

 2日は家族で一人暮らしの買い物をした後、

 

まず渋谷の尾崎豊記念碑に向かった。

ネットで画像見ただけで感動してガチ泣きをしてしまった、尾崎豊記念碑。

 

彼のとてもとても繊細で直情的な魂が、今でも多くの人に愛されてることがとても感動的で嬉しいことだった。

 

f:id:nanetwork:20170404235931j:plain

1965.11.29.ー1992.04.25.
26年間生き続けた尾崎豊が残した濃い感情の数々。

 

嘘をつくことがどうしても嫌だった。
世の中に違和感持ってた。
孤独だった。
本当のことを知りたかった。
若者を救いたかった。
自分を救いたかった。
自分自身を捨てたくなかった。

 

だから最後まで自分の魂を叫び、戦い続けた、

 

時には悟りながら、時には戦いを終わらせて手放し、時には溜め息して悩みながら、
そんな尾崎豊少年。

 

色々考えながら、渋谷へ行き、実際に記念碑の前に立ってみると…

 

f:id:nanetwork:20170404235957j:plain

 

f:id:nanetwork:20170405000018j:plain

 

f:id:nanetwork:20170405000030j:plain


数多くの尾崎少年への愛のメッセージに囲まれる空間、

f:id:nanetwork:20170405000259j:plain

 

そこに立つと、
いち人間である、自分の中にも未熟だとしても駆け巡る、抑え込んでも駆け巡りたくなる気持ちが、もし本当にあるとしたら、
それを許されているような感じになった。

 

尾崎豊は太陽を求めてる人だった。
太陽に照らされるから、心の中が輝く。
悲しみも含めて。

 

「これは書かなきゃ」ってことで、自分も尾崎の魂にまで届くようにメッセージ書いた。

f:id:nanetwork:20170405000225j:plain

 

それから、尾崎豊の手に自分の手を重ねてみた。
すると冷たかった気がした。

f:id:nanetwork:20170405000314j:plain

これはなんだろうね…そう感じたのは、やっぱり、
俺が今ここにある「浅見直明」っていう本当の人生を歩いてないからかも。って思った。

 

リアルな自分も生きようとするから、
尾崎豊のような、歌のメッセージも生きようとする、というか…。

でも、本当に嬉しかったのは、
尾崎豊が亡くなった今でも愛され続けてること。

生きる希望がじわじわ湧いてくる場所だった、尾崎豊記念碑。

昨日は久々の長時間の電車で疲れてたけど、まだまだがんばろうって思った。

f:id:nanetwork:20170405000325j:plain