読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさみ日記Z

日々を生きる。

2014年元旦、2015年元旦(ミスあり)、2016立春、2017立春の日の出を並べてみた。

アイフォンの画像を眺めていたら、

ほぼ初日の出の写真を毎年集めに行っていたことにびっくり!!

 

そこで、面白そうだと思ったので、その初日の出の画像を各年ごとに並べてみることにしました!

 

 すると・・・2017年だけ色が違うことに気が付いてびっくりです。

 

 それでは、2014年から順に紹介します!!

 

2014年1月1日

f:id:nanetwork:20170524151105j:plain

 

赤いですね。このときは、昇る前からどんどん空が赤くなっていく、

いつもの初日の出のすごい感じを見ていました。

 

この赤さが安定のすっきり始まる感じ。

 

 2015年1月1日

f:id:nanetwork:20170524151120j:plain

これが、本当に不意の出来事でした。

 

日が昇ろうとした瞬間でカメラの電源が切れるっていう。

 

 でも昇る前にこの赤さ、

そしてこの日に見た記憶の中では、

 赤い赤い光が朝焼けを作ってたような、

そんな感じだったのです。

 

この昇る直前の空の写真しかないから信憑性ないw

 

 2016年2月4日

f:id:nanetwork:20170524151143j:plain

 

これ光が結構はっきり差してくる感じで力強い日の出でしたね。

 

 でも赤い!情熱の太陽。

何かが起きそうなくらいの強い日の出の光が差してきました。

 

 2017年2月4日

f:id:nanetwork:20170524151156j:plain

 

ここがびっくりしましたね。

 

 後から見てもびっくりする。

急に色も光の感じも変わってどうした!?

みたいな。

 

黄色い、淡くて優しい光が、すごく新鮮な感じで差していました。

 

とても不思議な日の出だった。

 

こうしてみても、

2017年だけ日の出がやけに違う。

 

面白いですね。

 

今年も半分近くになりましたが、俺はよくも悪くも変動の激しい年を過ごしていますw

 

でも一歩一歩を、

これからのこともそうだけど、これまでのことも、

 

そしてやっぱり一歩一歩を大切にしたい。

 

みなさんはどうでしょうか?

 

「勇気100%」をリコーダーとピアノの音であの頃の授業みたいに再現してみた。

 シェアします。

 

この懐かしい感じw

youtu.be

 

動画編集の練習も兼ねて、

画像を紙芝居のように載せてpvのようにしました。

 

ちょっと雑なところがある&アプリ試用版のため、ラベルで見にくいところ、

ごめんなさい。

 

動画編集って結構難しいですね。

でも、作ってみたら達成感がありました!

 

忍たま乱太郎の、あのころのような、懐かしい雰囲気をどうぞ!

今年3月22日に見た夢とその後。

最近の近況で印象的なことがあるのでその気づきを書きおこしてみます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年の3月22日の朝、俺はすごく、真っ白い夢を見た。

 

何かの課題に追われて焦っているようだった。大学の授業か?

 

だけどそこからやっと解放されたように、

 雲に乗って空に乗って街を泳いでいた。

 

この感覚がなんか、すごい満足そうというか、

人生の事はもう何でも知り得た、みたいな、

 

もうこれから思い悩むこともなし、笑うしかない、みたいな。

そんな感じで雲に乗って、エンディングのように曲が流れる、

 

そこで目が覚めた。

 

 ・・・・そのあとに起きてから思ったこと。

 

むなしくねえかあ??

 

まるでもう人生、これでハッピーエンドみたいな、

いやそれはちょっと、

すごい寂しいなあ・・・。

 

そう思った時に、ふと残像で浮かんだイメージがあった。

 

それは、

誰かと暗闇で何かと戦ってる自分だった。

 

 ああ、それって思い出なんだ。

そう思いなおした。

 

寂しいという気持ちの大切さを思っていた。

いや、暗闇の大切さなのかな・・?

 

だから、その時少し決めた。

 

自分の暗闇を無かったことにはしないって。

 

今まで色々挑戦してたし、色々悩んできたもんなあ・・・。

 

それでも、

光は目指せるし、光は照らしてくるから。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まあそんな感じで、

もう一度現実の中に少しずつ入って行こうって決めた3月でした。

23歳。公園で鉄棒の練習にいどむ。雪辱を果たせるか?

f:id:nanetwork:20170513175735j:plain

 今日はまた真っ白な感じの挑戦を・・・

 

2005年(小6)&2015年(21歳)以来の挑戦、

「公園の鉄棒」

に挑むことに。

 

最近、主体的に動くことの重要性に気付いたのと、気温が上がって向かってる感あるので、

体を動かしてみることにしたのだ。

 

 

まず写真の真ん中の2番目に高い鉄棒にトライ・・。

 

これは簡単にできた!!

1発でできた。

 

だけど、写真の一番右の一番高い鉄棒は・・・

 

お腹に引っかかって少し回るところまでは行けたけど、

すぐ持たなくなって落ちる。

 

の繰り返し。

 

着地まではいかなかった・・・。

 

それでも5分ほど諦めずに挑戦。

 

だんだん、何かを成長させたい、

体でぶつかり何かを達成したい、

 

そんな気持ちを思い出しつつも・・・

 

できなかったw

 

 結局やめたけど、なんか、リアルに  ”何かを追いかけるってこういうことだよなあ”  みたいな感じを思い出したので良かったです。

  

そしてこのあと、嬉しいことがあった。

 

自転車で近所の森の方面へ行った、

その後、坂道なので自転車を降りて押して歩いてた。

そして幼稚園を通りかかり、

 

ピアノの音と歌が・・・♪

 

かわいいなと思って中を見ながら歩いたら、1人の少年が入り口から外(こちら)を見つめてて、

 

勇気出して手を振ってみたら・・・

 

手を振り返してくれた!!

 

これがかわいいなとも思ったし、すごくうれしかった!!

 

いやあ、俺がその子の中でも認識された、素直な話、ほんとうれしかったですね。

色んなタイプのアニメのオープニングを並べたらすごいことになった。

色んなタイプのアニメのオープニングを並べたらすごいことになった。

 

熱を持ってぶつかるも、
思考を持って戦うも、
感性で日常を遊ぶも、
感性で世界を戦うも、

窓から熊さんがこんにちは。

遠くから見ると気付かないが、確実に視線が・・・・

 

その正体は・・・・

 

f:id:nanetwork:20170509162255j:plain

 

リラックマ!!!

 

 

実家の窓です。

 

こういうのってアトラクション的。

 

あと微笑ましいかも。

電車の中で荷物の上に1000円置いて乗ってみたゲーム【果たして盗まれないか?】

駅のホーム。

今日はとある実験をすることにしてみる・・。

 

電車の中。

電車の中って人が多いし、

周りの人に変な因縁つけられたらどうしよう・・

ものを盗まれたり、急に攻撃されたり、のぞかれたりしたらどうしよう・・

 

こう思いがちですよね。

 

 

・・ということで、そんな電車の中で、あえて、

1000円を荷台に置いて1駅乗ったら盗まれないかゲーム!!

 

を開催しながら出かけてみることにしました!!

ぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱち・・・・

 

 

※この場合、盗まれてもゲームをした側の責任ということで、盗んだ人を罪にすることはありません。

極めてリアルにハラハラするゲームなのです・・・w

 

f:id:nanetwork:20170406171327j:plain

 

駅のホーム。

電車を待つ緊張感。

果たして1000円は無事だろうか。。

 

f:id:nanetwork:20170406171337j:plain

 

駅のホームでゲームの始まりを待つドキドキが。

 

f:id:nanetwork:20170406171347j:plain

 

そして電車がやってきた。

ここは西八王子駅

 

まずは隣の八王子駅まで、この1000円がどんな運命にさらされるのか、実験します!

 

f:id:nanetwork:20170406182259j:plain

 

※ここから先は撮影できませんでした。

 

ドアが開く。

さっそく車内へ!8号車。座席は人が全員座っている状態だった。

 

1000円を荷物台に置く。下には人が座っている。

 

さあどうなってしまうのか・・・。

 

緊迫したまま、

 電車が動き出した・・・。

 

 

ドアの横に立ち、1駅の緊張に耐える。

 

 

~  3分後  ~

 

 

電車が駅に到着した。

 

 

荷物台を見ると・・・

 

1000円札健在!!! 

 

ということで無事駅を降りた。

f:id:nanetwork:20170406182315j:plain

 

八王子駅到着!

 

この、「大丈夫なんだ」感。

いい気持ちでした!!

f:id:nanetwork:20170406182324j:plain

 

世界は、人は、なんとかなる!!